シミの種類と美白治療について

シミの種類と美白治療について

シミの種類と美白治療について

シミというのは、実は厳密な定義がありません。定義するとすれば、顔にできたも茶色っぽいものということになるのでしょうか。つまり、肌の上に通常の肌の色とは違うものが発生し、美容上問題になっているものがシミです。

実際には6種類ぐらいに分けられて、いわゆるシミというのは、医学的には老人性色素斑とよばれるメラニンの生成により発生したものが多いかと思いますが、対策する場合は、自分のシミがどのタイプに該当するかしっかり把握したうえで対策する必要があります。

自分では判断が難しいような場合は、皮膚科に行ってしっかり確認をしたうえで対策しましょう。間違った対策は、効果がないばかりか悪化させてしまう危険もあるため注意が必要です。


シミの中にも、美白化粧品が効くものと、効かないものがあります。美白化粧品が効くのは、老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑です。

女性の多くが気にするシミのほとんどは老人性色素斑ですが、程度がひどくなるとなかなか美白化粧品をつかっても効果が出ない場合があるので注意が必要です。老人性色素斑は早めのケアが肝心です。

美白化粧品は予防的に使うことで最大限に効果を発揮するということを覚えておきましょう。シミが目立ち始めてから使用するというよりは、シミが目立つ前の30代のころから使用するほうがよいでしょう。予防的に使う場合は、部分的ではなく顔全体に塗って使いましょう。


頬骨の部分にできる左右対称に出来ることが多い肝斑についてですが、肝斑の原因は女性ホルモンの影響によるとされていますが、メラニンの影響も受けていますので、美白化粧品でも一定の効果は発揮するようです。肝斑にはトラネキサム酸という薬と美白化粧品を併用することでより効果的な治療が行えます。




最強の美白成分ルミキシルは透明感のある美しい白い肌へ導きます!
ルミキシルは通販(個人輸入代行)を利用すれば最安値で購入できます!
navigation.js">hpb-navigation-js