シミの出来にくい肌にして美白を手に入れよう!

美白になりたいと思いビタミンCを摂っている方も多いかと思いますが、しかしながら一度出来てしまったしまったシミはビタミンCを飲んでも薄くなることはありません。

ビタミンCは、シミの原因であるメラニンを生成する助けをするチロシナーゼ酵素を抑制しますが、口からとったビタミン剤では、肌のチロシナーゼ酵素に働きかけるのに十分な濃度にはなりません。皮膚に到達する前にあちこちで使われてしまって結局皮膚まではとどきません。

だからと言ってまったく効果がないわけでもありません。ビタミンCには抗酸化力がありますので、紫外線に対する抵抗力をつけることができるので、紫外線によって発生した活性酸素の働きを抑制して、皮膚を守る効果があります。

つまり出来てしまったシミには効果がないけども、予防的な効果は一定程度は認められるということです。ただしビタミンCの摂取だけでは十分な予防対策とはいえなので、日頃からシミがまだあまり目立たない状態であっても、美白化粧品を予防的に使っておくことでシミの出来にくい肌になります。
あと、シミの発生の直接的な原因となるメラニンの生成を促す紫外線を皮膚内部に入り込む前にブロックするよう外出時は日焼け止めを塗っておくほうが良いでしょう。夏以外の季節でも思っている以上に紫外線は地上に到達しており、肌にダメージを与えています。

美白対策というのは、ある程度年齢を重ねてからではなく、早めの対策をしておくほうがより効果的です。